会報第36号発送作業を実施


2月12日(火) 会報第36号の発送作業実施しました。
大量の荷物を受け取り、1,600部を超える部数を発送する関係上、どうしても認定NPO法人「JMAS(日本地雷処理を支援する会)」の会議室を借用する必要があるのですが、新事務所は以前のビルと違い、セキュリティが厳しくJMAS職員が勤務する平日しか使用できないとの事。そこで2月12日(火)の午前10時半に16人の働き蜂が千代田区九段南3丁目の川内ビル10階に集合。JMAS職員の方々に十分配慮しながら作業をさせて貰った積もりですが、何か質問があるとつい大きな声を出してしまい、慌てて口を押さえる始末でした。
今回は、場所が狭く、そのため人数も絞ったので午後5時までに作業が終わるか心配する声もありましたが、広告チラシが本渡レンタカーの1枚だけだったのが幸いし、おまけに作業手順を見直してゼムクリップで留める係を作ったら、とてもスムーズに事が運びました。
もっともゼムクリップ係の一人の山中事務局長は、なにしろ脚が長過ぎるのが仇になって、おまけに椅子も14人分しか無かったので立ちっぱなしの一日に腰が悲鳴を上げたようです。また郵送料が大幅にアップ、それも重さで違うので松尾会長が持ち前の精密さですべてを計り、支払いに万全を期しました。
それでも4時くらいには作業も完了。新米会計係の筆者のドジで余計なお手間を取らせた事を除けば、いつになく静かに! かつ スムーズに過ぎて行った発送作業でした。
部屋の後片付けに掃除機を拝借しようとしたら、今壊れているのでしなくていい、との返事。ちょっとニンマリしながら反省会へいそいそ歩き出したのです。(高21 馬場信子)

 


                             


Copyright (C)  関東あまたか会 All Rights Reserved.