2019年度卒業学生お祝い会を開催


 
2019年2月9月土曜日、首都を今冬最大の寒波が襲う中、「2019年度卒業学生お祝い会」が「北海道・飯田橋駅前店」で開かれました。
前日から天気予報は不穏な雲行き。星野副会長は家中のテレビを点けて何処か一局くらいは「晴れ!」と言わないかと聞き耳を立て、松尾会長と山中事務局長は最悪中止にするか否かでメールのラリー。
そして願いは通じました。寒さは厳しかったのですが、雪はほんのり霰が降った程度で青年達の門出を祝福してくれたようです。
会は予定外の若者達も参加してくれて、卒業生4人(酒井、琴原、上中、原田)及び在学生3人(濱元、松下、山崎)並びに先輩(髙63)の弁護士の林田さんと天草市役所の中村さんの2人、と近来に無い大盛り上がりで近く会長を交代したい意向の松尾会長をいたく感動させました。
20階から眺める下界のビルは冷たい灰色の世界。それとは対照的に17人がギュウギュウに詰まった部屋は熱気がムンムン。2時間の予定を30分超過しても話は尽きず、場所を天草の先輩が営む銀座の「クラブ赤石」に移して再開したのでした。(高21 馬場信子)


                             


Copyright (C)  関東あまたか会 All Rights Reserved.