<校歌>

                

       
天草高等学校   校歌

                 作詞 船勢直  作曲 犬童球渓
 
1.塵かん遠く隔てたる     ああ西海の別天地
  潮風薫る苓州の      学びの園の露分けて
  飛翔を習う雛鵬の       胸は希望に燃ゆる哉

2.振放みれば倉岳の      高嶺を出ずる天つ日の
  下界の暗を照らす時      天には真理地には道
  人の心に「正大」の       聖き光ぞ溢るなる

3.時永久に寄る波の       鞺鞳として岸をうつ
  天草灘の雄叫に        聞けや自然の動脈を
  沸きて流るる「剛健」の   生命の潮の高鳴りを

4.神秘ぞ燃える不知火の   筑紫の海に風凪ぎて
  澄むや千尋の底深く    万像影を涵す時 
  一視同仁隔てなき     「寛厚」の徳君見ずや


                                              (大正8年5月制定)



<校歌本文   解  釈>          (旧職員 田口孝雄先生による)

一 塵寰(ジンカン)遠く隔てたる  ああ西海(セイカイ)の別天地
  潮風薫る苓洲(レイシュウ)の  学びの園の露分けて
  飛翔(ヒショウ)を習ふ雛鵬(スウホウ)の  胸は希望に燃ゆる哉


ごみごみした俗世間から遠く隔たったここ天草は ああ、まさに西海の別天地だ。
潮の香漂う天草の、その天草高校に朝早くから登校して励む生徒たち-やがて大空高く飛翔する日のために、「飛ぶ」練習に余念のない鵬(おおとり)の雛のような若者たち-の胸は大きな希望に燃えている。


○塵寰…ごみごみとした俗世間。(=人間)
○苓州…「天草」のことを別名「苓洲」という。「苓」は薬草として知られる甘草(カンゾウ)のこと。それを読み替えて甘草→天草とした。
江戸時代の中国趣味からでたシャレである。
○雛鵬…「鵬」とは想像上の巨大な鳥で、「おおとり」と読む。何者にもとらわれない自由の象徴として、また、大事業をなす人物の比喩として用いる。「雛鵬」はそのヒナ。将来、大人物になる若者に喩える。鵬雛・鳳雛も同じ。

二 振り放(サ)けみれば倉岳の  高嶺(タカネ)を出づる天(アマ)つ日の 
  下界の闇(ヤミ)を照らす時  天(アメ)には真理(マコト) 地には道
  人の心に「正大」の  聖(キヨ)き光ぞ溢(アフ)るなる


遠く仰ぎ見ると、倉岳の高峰から今しも太陽が昇るところだ。
あの太陽が下界の闇をあまねく照らす時
天には真理が、地には道が明らかになる。
そして人の心には「正大」という聖い光が溢れることだなあ。


○倉岳…天草諸島の最高峰。
○天つ日…太陽。「つ」は「の」と同じ連体格の助詞。さし昇る朝日の爽やかさ、地上を遍く照らす太陽のイメージを綱領の「正大」(=正しくすがすがしい)と結合させてある。
○ぞ…強調の係り結び。「なる(なり)」は伝聞・推定の助動詞の連体詞だがが、ここは詠嘆の用法。


三 時永久(トコシエ)に寄る波の  とう鞳(トウ)として岸を打つ
  天草灘の雄叫び(オタケビ)に  聞けや自然の動脈を
  沸きて流るる「剛健」の  生命(イノチ)の潮の高鳴りを


太古から絶えることなく寄せる波がドドーン、ドドーンと岸を打つ。
その天草灘の、雄叫びのような潮の音に自然の力強い鼓動を聞くのだ。
沸きあがり、流れてやまぬ「剛健」の生命の潮の高鳴りをそこに聞くのだ。

 
○とう鞳…太鼓・滝などのドーン・ドドーッといった感じの形容。よみは「とうとう」が正しい。
○剛健…心身ともに強くたくましいこと。「質実剛健」ともいう。その場合は実質を重んじ虚飾を排する意味合いが加わる。天草西海岸の激しく男性的なイメージと結合させてある。

四 神秘ぞ燃ゆる不知火(シラヌヒ)の  筑紫の海に風凪(ナ)ぎて
  澄むや千尋の底深く  万象影を涵(ヒタ)す時
  一視同仁 隔てなき  「寛厚」の徳 君見ずや


不知火が神秘的に燃える天草の東の海。
風は穏やかに凪いで千尋の底深くまで澄んだその海がありとあらゆるものをつつみこむ時、すべてを分けへだてなく受け入れ、愛する「寛厚」の徳を、君はそこに見るだろう。

○不知火…古くは「筑紫」の枕詞としても用いられたが、ここでは実質的な意味を担っている。
○筑紫の海…九州の海の意だが、ここでは三番の歌詞の対応からも、天草の東側の海全体(不知火海=八代海と有明海)を指すと解するのがよい。
○万象…すべてのもの。
○一視同仁…すべてのものを平等に愛すること。
○寛厚…心がひろく、やさしいこと。豊かな海の包容力、浄化能力、そして東の海の穏やかで女性的なイメージと結合させてある。 
      
      
天草中学校校歌(天高第二校歌)

1番から4番までは、天草高校校歌と同じで、以下の5番と6番が追加となります。

5.自然の敬示
(さとし)わが理想 これを象(かたどる)三種(みつくさ)の
  神寶
(しんぽう)の影仰ぎつつ  皇祖(みおや)の遺訓(おしえ)(かしこ)みて
  護
(まも)るは二千五百年    金甌無缺(きんおうむけつ)の吾が祖国

6.やがて図南
(となん)の翼(よく)ならば 天翔(あまかけ)りなん五大洲(ごだいしゅう)
  摶
(う)つや羽風(はかぜ)に雲散りて   仁義の光明らかに
  世界文化の華咲きて    世は常春
(とこはる)の香に酔はむ 


                        

     
 本渡高等女学校 校歌

                 作詞 八波則吉  作曲 永井幸次

1.春たてば       霞の裳裾遠く引く
  雲仙岳のいただきを  高き操の姿ぞと
  雲間に仰ぐ尊さよ

2.秋されば       十萬山の櫨紅葉
  松の緑に照映えて   我が学舎の背景を
  自然が描く美はしさ

3.あな床し       校舎の窓ゆ見晴かす
  海は有明、不知火の  燃ゆる思を胸に秘め
  盡きぬ希望に生きよとや

4.いざ共に       四圍の自然の化を受けて
  清く氣高き人と成り  正しき通を養ひつ
  皇御国に盡くさなん


                                              (大正8年5月制定)
  


 
  熊本県立天草高等学校 啓明寮 第一寮歌
  
作詞:山本義孝 作曲:三島勲 編曲:玉田元康・阿部美智子

1.白波蒼ぼう果も無き 大玄海の潮風に
  赤銅の肌鐵の意思 鍛え磨きし健児等が
  真理の道を究めんと 集い声あり啓明寮

2.都塵を遠く距つれば 時代(とき)におごらずおもれなず
  濁世の波も純潔の 我が学寮を汚すなし
  正大剛健寛厚の 源流(ながれ)はろけし五十年


3.巷の眠り深き頃 思ひ馳すれば父祖の国
  言挙げ多く道空し 起つべし我等荘厳の
  理想を目指せ東天に 見よ啓明の星はさゆ

4.殉教の血を雲仙の 秋の紅葉と競ひたる
  祖先の御霊(みたま)啓明の 健児が胸にもえ立てば
  邪悪を拂ひ闇を裂き 何とて消えん生命(いのち)の火


5.ああ苓州の空高く あかねの光 嶺(ね)にあびて
  れいろうたりや倉が岳 其の山容の清きごと
  若き希望に胸張れる 健児が館(やかた)啓明寮

(注)
ボニージャックスの歌唱に2番、4番は録音されておりません。


 熊本県立天草高等学校 啓明寮 第二寮歌

  
作詞:錦戸宏 作曲:三島勲 編曲:玉田元康・阿部美智子

作詞者は「綿戸宏」と記載されていましたが、「錦戸宏」が正しいことがご家族のご連絡で判明しましたので、修正いたします。錦戸宏さんが旧制天草中学在学中に書かれたものとのことです。当時、学校で募集があって出したら、採用されたそうです。ただ、つけられたメロディーはイメージが違い、もっとさわやかな明るい曲になると思っていたとのことです。2018/2/12)

1.積乱雲の影薄れ 明星闇を照らすなり
  今混沌の夢醒めて 有明の空明けぬれば
  其の名も聖き啓明の 寮舎(やかた)は永久(とわ)に映ゆる哉

2.ああ春深し苓州の 駘蕩風に香の匂ふ
  花繚乱の下(もと)に座し 青春歌を高誦(たかず)せば
  城跡の松に木霊(こだま)して 若人の意気天を衝く

3.そは雲山か呉か越か 波澎湃(なみほうはい)の灘をみて
  其の正大と剛健の 正気ぞ胸に鼓舞したる
  千尋の海の底深く 寛厚徳こそ学ぶなれ


4.銀河流れて果て遠く 高き理想を象徴(あらわ)して
  月影寮窓(まど)にうつる頃 真理を目指す健児等が
  町山口のせせらぎに 深く思ひをこらすなり

5.蝉鳴き絶えて染岳に 落つる夕陽や涼風(すずかぜ)の
  桐の一葉に秋ぞ知る 夢に満ちたる三年の
  涙と共に光輝(ひかり)ある 清き生命を築かばや


(注)
ボニージャックスの歌唱に3番、5番は録音されておりません。

天草高校寮歌の楽譜、歌詞カードはこちらを参照。


<天草の歌>

     天草小唄

            作詞 平野正夫  作曲 大村能章 

1. 波にゆられて不知火消えりゃ 朝日ほのぼの有明そめる
  ここは天草あのキリシタン  かなし殉教の夢の島
 
2.浮かぶ白帆に絵のような島に 走る汽船の煙が残る
  上と下との縁
(えにし)の瀬戸を 渡りゃ本渡の文華(はな)の町

3.雲か山かと山陽が詩
(うた)の  灘のかなたに夕陽が沈みゃ
  優
(やさ)し巴(ともえ)の白洲の腕に 抱かれて眠る袋湾
 
4.温泉
(いでゆ)白鷺(しらさぎ)ドライブ疲れ 明日牛深今宵は﨑津
    あつい情けの一夜を明かしゃ     出船別れのなみだ雨


                                                   (昭和8年)


             天領音頭

         
作詞:宗像まさとし 作曲:橋本亜三生  編曲:星野知信
                     歌:見咲えつ子(キングレコード)

1.南風
(みなみかぜ)吹く クルスの島に     開く三河の下り(さがり)藤 下り藤
  天領天草鈴木さま              天領天草鈴木さま 鈴木さま

2.四郎の夢も 命に代えて          茨
(いばら)の道に灯をともす 灯をともす
  天領天草鈴木さま              天領天草鈴木さま 鈴木さま

3.神楽太鼓を 飛龍の森に          聞いて阿弥陀の四ヶ本寺 四ヶ本寺
  天領天草鈴木さま              天領天草鈴木さま 鈴木さま

4.男二代の 誠か仁
(じん)か          島に恵みの雨が降る 雨が降る
  天領天草鈴木さま              天領天草鈴木さま 鈴木さま

5.海は七浦
(ななうら)ハイヤの唄よ       穂波(ほなみ)もゆれる秋祭り 秋祭り
  天領天草鈴木さま              天領天草鈴木さま 鈴木さま

6.神か仏か わが祖
(おや)さまか    代官塚(やま)に雉子(きじ)が鳴く 雉子が鳴く
  天領天草鈴木さま              天領天草鈴木さま 鈴木さま
   
   
 

(注)作詞の「宗像まさとしさん(故人)」は、元天草切支丹館(本渡)館長、作曲の「橋本亜三生さん」は、元天草高校教諭、歌唱の「見咲えつ子さん」は、本渡出身、天草高校の卒業生です。
天草・島原の乱のあと、幕府は、天草を直轄地にすることを決定。
寛永19(1642)年9月20日、天草の乱にも従軍した鈴木重成(すずきしげなり) が代官に任命された。鈴木重成はキリシタン絶滅と戦災からの復興に力を入れた。重成は曹洞宗派の禅僧である兄の正三(しょうさん)に協力を依頼し、神社寺院を建立して島民の強化をすすめた。
また、重成は検地を行ない、4万2,000石とされた石高を実高の21,000石(半減)と改めるよう幕府に自刃して、直訴しました。
重成のあとは養子で兄の子である重辰(しげとき)が代官職を継ぎ、重辰も石高半減を訴えつづけ、幕府は、万治2(1659)年、再検地を行わせ、表高を2万1,000石としました。農民たちは、その遺徳と仁政を忘れまいと、島内30余の地に、鈴木神社を建立し(写真は、本渡本町の宗社の鈴木神社)、重成・正三・重辰を天草の守り神として、現在でも「鈴木さま」と親しまれ祀られています。天草を救った代官・鈴木重成の説明は、下記を参照してください。

天草を救った鈴木重成公
荒れた天草を立て直し、民衆を救った代官
鈴木三公を祀る鈴木神社
天領音頭は、関東あまたか会総会・友好の集いで、参加者全員での踊りに使用されています。


Copyright (C)  関東あまたか会 All Rights Reserved.